さいたま市見沼区せきぐち(関口)接骨院。交通事故治療、むち打ち症、AKA療法/腰痛治療、休日(日曜祝日)対応。

つき指(突き指損傷)

つき指(突き指損傷)は、伸展位の指に長軸方向から外力が加わり損傷するケガの総称で、骨折・脱臼・捻挫など様々な損傷があります。

つき指で一番多い損傷は捻挫で、側副靭帯・関節包・掌側靭帯・掌側版などが損傷します。

主症状は、腫脹・血腫・圧痛・運動時痛・把握制限などです。

テーピングやシーネ(副子)固定を数日から4週間程度行います。指の第1関節の背側にある伸筋腱の断裂(マレットフィンガー1型)の場合は8週間の固定が必要になります。

さいたま市見沼区のせきぐち接骨院は日曜・祝日も施術しています。時間外は23時まで対応可能。埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103

せきぐち接骨院トップページ