さいたま市見沼区せきぐち(関口)接骨院。交通事故治療、むち打ち症、AKA療法/腰痛治療、休日(日曜祝日)対応。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニスのスイング・ショットなどの繰り返し動作で、肘関節の外側部にある外側上顆部が炎症を起こす障害で、45歳位以降の中年のテニス愛好家に多く発症するので「テニス肘」と呼ばれています。

ゴルフなど、他のスポーツでも発症することがあります。

多くは、加齢とともに肘外側の腱が傷んで発症し、主に手首(手関節)を背屈させる働きをする短橈側手根伸筋の起始部が障害されて起こります。

 

テニス肘の症状

テニス肘の主症状は、肘外側部の圧痛・運動時痛です。

初期段階では、テニスのプレーの時だけに痛みが出て、安静にしている時にはほとんど痛みを感じません。

日常生活では、物を掴んだり持ち上げる動作・タオルを絞ったりドアノブを回す動作の時に痛みが出ます。

症状が進行してしまうと、安静にしていてもズキズキ痛んだり、フライパンや鍋を持てなくなったり、ペンで文字を書くのも困難になることもあります。

 

テニス肘の治療

受傷直後の急性期は、電気治療(低周波治療器干渉電流型低周波治療器)・アイシングなどの急性炎症反応を抑える施術を施し、程度により、テーピング・サポーター・エルボーバンドなどを行います。

エルボーバンド

エルボーバンド

炎症反応が治まってきたら、アイシングから温罨法に変えて患部の血流を促進し組織の修復を促し、ストレッチなどの運動療法を行っていきます。

回復には数週間から数か月程度を要します。

肘は日常生活での使用頻度が高い部位なので、一度発症してしまうと慢性化してしまい治りずらくなることも少なくありません。

また、治ったと思いスポーツを再開すると、すぐに痛みが出て再発してしまうケースもあります。

 

テニス肘の治療は、見沼区のせきぐち接骨院にお任せください

せきぐち接骨院では、テニス肘の症状や回復状況に応じて、物理療法・固定・テーピング・エルボーバンド・AKA療法・ストレッチ・トレーニング(PFT)など、症状に対して最適と思われる施術を行うことで、テニス肘の早期回復を目指します。

テニス肘の前腕ストレッチ

テニス肘の前腕ストレッチ

テニス肘の治療・リハビリテーションについてご不明な点がございましたら、さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院にご相談下さい。

 

アクセス

所在地 埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103
電話番号 048-688-3351
駐車場 接骨院前に2台(無料)。
予約 AKA療法は予約制になります。 時間外・休日の診療をご希望の方は、お問い合わせの上、ご来院下さい。
休診日 第3日曜日
  さいたま市見沼区のせきぐち接骨院は日曜・祝日も施術しています。時間外は23時まで対応可能。埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103

せきぐち接骨院トップページ