さいたま市見沼区せきぐち(関口)接骨院。交通事故治療、むち打ち症、AKA療法/腰痛治療、休日(日曜祝日)対応。

足関節捻挫

足関節は最も捻挫を起こしやすい関節で、正常な可動域を超える範囲に大きく捻ることで、靭帯や関節包を損傷してしまう外傷です。

靭帯を伸ばした軽症から、靭帯の断裂の重度のものまであります。

右足関節捻挫

右足関節捻挫

 

主な症状は、患部の腫脹・血種・圧痛・荷重時痛・歩行時痛などで、重度ののもは関節が緩んでしまったり(関節動揺性)、歩行困難な場合もあります。

程度によりテーピング・固定バンド・サポーター・包帯・シーネ(あて木・副子)による固定を行います。

左足関節捻挫のテーピング固定です。

左足関節捻挫のテーピング固定です。写真は軽度~中等度の損傷のテーピング固定で、損傷の程度により固定の強度を調整します。

 

足関節捻挫の固定期間の目安

足関節捻挫の程度による固定期間の目安です。

患部の状態により、テーピング・固定バンド・サポーター・包帯・シーネ(あて木・副子)などで固定しますが、経過により固定期間が多少変化します。

軽度の捻挫・・・1~2週間

中等度の捻挫・・2~3週間

重度の捻挫・・・3~4週間

 

足関節捻挫の受傷の仕方による分類

内反捻挫

主に足関節外側部にある前距腓靱帯踵腓靱帯の損傷することが多く、重度の損傷になると後方の後距腓靱帯も損傷することがあります。

また、捻挫を起こしたときの外力の加わり方で、足関節の前上部にある前脛腓靱帯・足根部から中足部にあるショパール関節・リスフラン関節を損傷することもあります。

右足関節内反捻挫の画像です。

右足関節内反捻挫

右足関節の外側の靱帯です。

右足関節の外側の靱帯。

 

外販捻挫

主に足関節内足部にある三角(前脛距部・脛舟部・脛踵部・後脛距部)を損傷します。

右足関節内側 三角靱帯

右足関節内側 三角靱帯

 

足関節捻挫の治療は、見沼区のせきぐち接骨院にお任せください

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院では、足関節捻挫の症状や程度に応じて、物理療法・固定・テーピング・AKA療法トレーニング(PFT)など、症状に対して最適と思われる施術を行うことで、足関節捻挫の早期回復を目指します

バランスディスクによる右足関節の可動域訓練

バランスディスクによる右足関節の可動域訓練

 

足関節捻挫の治療・リハビリテーションについてご不明な点がございましたら、さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院にご相談下さい。

(℡ 048-688-3351)

 

アクセス

所在地 埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103
電話番号 048-688-3351
駐車場 接骨院前に2台(無料)。
予約 AKA療法は予約制になります。 時間外・休日の診療をご希望の方は、お問い合わせの上、ご来院下さい。
休診日 第3日曜日
  さいたま市見沼区のせきぐち接骨院は日曜・祝日も施術しています。時間外は23時まで対応可能。埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103

せきぐち接骨院トップページ