さいたま市見沼区せきぐち(関口)接骨院。交通事故治療、むち打ち症、AKA療法/腰痛治療、休日(日曜祝日)対応。

足関節捻挫

足関節は最も捻挫を起こしやすい関節で、正常な可動域を超える範囲に大きく捻ることで、靭帯や関節包を損傷してしまう外傷です。靭帯を伸ばした軽症から、靭帯の断裂の重度のものまであります。

主症状は、患部の腫脹・血種・圧痛・荷重時痛・歩行時痛などで、重度ののもは関節動揺性が出たり歩行困難な場合もあります。

程度によりテーピング・サポーター・シーネ(副子)固定を行います。

内反捻挫

主に足関節外側部にある前距腓靱帯・踵腓靱帯・後距腓靱帯を損傷します。足根部から中足部にあるショパール関節・リスフラン関節を損傷することもあります。

外販捻挫

主に足関節内足部にある三角靭帯(前脛距部・脛舟部・脛踵部・後脛距部)を損傷します。

さいたま市見沼区のせきぐち接骨院は日曜・祝日も施術しています。時間外は23時まで対応可能。埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103

せきぐち接骨院トップページ