さいたま市見沼区せきぐち(関口)接骨院。交通事故治療、むち打ち症、AKA療法/腰痛治療、休日(日曜祝日)対応。

股関節痛

股関節周辺の痛み(股関節痛)の原因は骨・関節に変化のある変形性股関節症や大腿骨頭壊死などと、骨・関 節に変化のない腱炎・滑液包炎などがあり、その多くが骨・関節に変化のないものです。

変形性股関節症

変化のあるものは変形性股関節症 が大多数を占め、原因は約 8 割が先天性股関節脱臼や股関節の形成不全(臼蓋形成不全)といった子供の時の病気や発育障害の後遺症といわれ、年齢とともに発症が多くなります。

変形性股関節症は一般的な保存療法では効果が思ったように得られないことが多く進行期・末期の股関節症については手術療法が適応とされてきました。

しかし必ずしも股関節自体に痛みの原因があるのではなく、骨・ 関節に変化のないものや軽度〜中等度の股関節症の痛みの大部分は骨盤にある仙腸関節の機能異常が原因になっていて、仙腸関節の機能を改善することで痛みが軽減・消失 することがほとんどです。

また、従来手術療法が 適応とされてきた進行期・末期の股関節症についても痛みのコントロールが 出来ることが多く、日常生活動作が改善されることが期待出来ます。

子供の股関節痛

また、小児に見られる股関節痛の多くはレントゲン検査で異常がみられない単純性股関節炎で、突然股関節の痛みを訴えて歩行困難になるか、ひどい跛行(脚を引きずる)を生じます。股関節の可動域が強く制限され、特に股関節を内側に捻る(内旋動作)と痛みを生じます。

単純性股関節炎はAKA療法に強く反応が出ることが多く、数日から一週間ほどで痛みが消失することがほとんどです。逆に、症状の経過が悪く、一ヶ月ほど経過しても症状の改善がみられない場合は、ペルテス(Perthes)病や大腿骨頭すべり症などの可能性を考えて、MRI検査などの精密検査を受けることをお勧めします。

股関節痛の治療なら見沼区のせきぐち接骨院にお任せください

せきぐち接骨院では、主にAKA療法で股関節や骨盤の機能を回復させることにより、股関節痛の症状を改善させます

さいたま市見沼区のせきぐち接骨院は日曜・祝日も施術しています。時間外は23時まで対応可能。埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103

せきぐち接骨院トップページ