さいたま市見沼区せきぐち接骨院のブログ/交通事故治療、むち打ち症、AKA療法による腰痛の治療,休日(日曜祝日)対応。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち関口接骨院のブログ
さいたま市見沼区せきぐち接骨院ブログ

右殿部~大腿部・右膝の痛み(坐骨神経痛)

患者・・・さいたま市見沼区 60代 女性

朝起きて、布団の中で伸びをしたときに右殿部~大腿部・右膝に痛みが出現。立ち仕事で疲れたりすると痛みが強くなり足を引きずってしまう状態。いわゆる「坐骨神経痛」の症状です。

もともとせきぐち接骨院に通院中の患者さんで、来院時に症状をうったえられました。

受傷2日後に、干渉波ホットパックマイクロ波治療器・マッサージで治療するも症状が改善しなかったために、受傷9日後にAKA療法で施術。

右股関節の屈曲・外転・外旋、屈曲・内転・内旋の運動時痛・運動制限が即座に消失、歩行時痛も大幅に改善。やや足を引きずて歩いて来院されましたが、施術後は通常歩行に戻りました。

このケースのように、坐骨神経痛の原因の多くが仙腸関節の機能異常で、AKA療法で痛みが消失したり減少するケースがほとんどです。仙腸関節に炎症が起きていなければ、AKA療法による施術に良好な反応を得られます。他の病院や接骨院では「腰のあたりで神経が圧迫されているのが原因」と説明されることがほとんどですが、実際は仙腸関節の機能異常が原因になっていることがほとんどです

坐骨神経痛の症状でお悩みの方は、さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院でのAKA療法による施術を是非お勧めします。

腰痛(ぎっくり腰)

患者・・・さいたま市見沼区 60代 男性

施設の掃除をしていて、机を移動しようと持ち上げたときに腰部に激痛が出現。特に前屈痛・前屈制限が強く全く前屈みになれない状態で、施術用のベットに横になったり起き上がる時に激痛が走り、寝返りを打つのも痛みをこらえてやっとという感じ。

以前、膝・腰を痛めて通院したことがあるせきぐち接骨院に来院。

受傷原因から仙腸関節の機能異常が症状の原因と考えられ、干渉波ホットパックで電気治療・温罨法をした後に、AKA療法で施術。前屈痛・前屈制限は残存したが、全体的に運動時痛・運動制限は大きく緩和した。

その後2日間通常の物理療法による施術を行い、受傷4日後には仕事に復帰できるまでに回復しました。

このケースのように、ぎっくり腰の原因の多くが仙腸関節の機能異常で、AKA療法で痛みが消失したり減少するケースがほとんどです。腰が伸びず前屈みの姿勢でやっと歩ける状態で来院された患者さんが、施術後は普通にすたすた歩いて帰られるということもしばしば見られます。ぎっくり腰を受傷されて激痛で歩いたり動いたりするのもやっとという方は、さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院でのAKA療法による施術を是非お勧めします。

 

 

 

 

左股関節痛・左下腿部のシビレ感。

患者・・・さいたま市見沼区 40代 女性

5日前に前屈みになって重たい荷物を持ち上げたときに腰部に疼痛出現。翌日、腰部の痛みは落ち着いたが、左股関節に運動時痛・歩行時痛、左下腿部(スネ)にシビレ感が出現。

数日経過しても症状がよくならず、以前通院したことがあるせきぐち接骨院に来院。

受傷原因と症状の経過から左仙腸関節の関節機能異常が症状の原因となっていると考えらと患者さんに説明をし、干渉波ホットパックで電気治療・温罨法をした後に、AKA療法で施術。AKA療法による施術により、左股関節の屈曲時痛・屈曲外転外旋時痛・屈曲内転内旋時痛がほぼ消失。歩行時の左鼠径部の突っ張り感、左下腿部(スネ)のシビレ感が消失した。

このケースのように、股関節痛の原因の多くが仙腸関節の機能異常であることが非常に多く、また、股関節痛変形性股関節症と診断された場合にも仙腸関節からの関連痛で股関節周辺に痛みが出ていることもが非常に多く、AKA療法で痛みが消失したり減少するケースがほとんどです。股関節痛でお悩みの方は、さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院でのAKA療法による施術を是非お勧めします。

左膝痛(左膝関節捻挫)・関節水腫

患者・・・さいたま市見沼区 40代 男性

一か月ほど前に段差で左足を着いて踏ん張ったときに、左膝が過伸展してしまい受傷。左膝の屈曲伸展時痛・歩行時痛・運動制限・関節水腫(++)で跛行している状態。一度、病院で関節水腫を注射で抜いてもらったが、また元に戻ってしまい左膝痛の経過が悪いので、ご家族の紹介でさいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院に来院。

マイクロ波治療器干渉電流型低周波治療器ホットパックで施術を行った後、左膝関節のAKA療法を実施。AKA療法を行ってすぐに左膝関節の屈曲・伸展時痛が大幅に減少し関節可動域も大幅に改善。歩行も歩行時痛はやや残存するも通常歩行が可能になりました。翌日・翌々日と施術を行いましたが、疼痛・関節可動域の大幅改善、関節水腫も減少してきて、非常に経過良好の状態です。

膝関節捻挫で経過が思わしくな場合、関節機能異常を起こしていて症状が長引いているケースが少なくありません。その場合、AKA療法で関節の機能を改善することによって、症状の改善が大いに期待できます。

膝痛の経過が思わしくない方は、原因が関節機能異常の可能性が大きいので、さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院でのAKA療法による施術をお勧めします。

その後、受診5日目の来院時、関節水腫はほぼ(-)になりました。

せきぐち接骨院ホームページ