さいたま市見沼区せきぐち接骨院のブログ/交通事故治療、むち打ち症、AKA療法による腰痛の治療,休日(日曜祝日)対応。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち関口接骨院のブログ
さいたま市見沼区せきぐち接骨院ブログ

その痛み、あきらめないで!その4 ~腰椎椎間板ヘルニア~

腰痛・下肢の痛みやシビレをなどの症状を引き起こす主な原因の一つとして、「腰椎椎間板ヘルニア」があります。

 

腰の骨は5つの腰椎(背骨)と骨盤からなり、背骨と背骨・背骨と骨盤の間には椎間板というクッションが挟まっています。

椎間板は内・外の二重構造をしていて、外側の繊維輪の中に髄核という粘性の物質が入っています。

背骨の後方にあるトンネル状の脊柱管に脊髄などの神経が通っていますが、腰椎椎間板ヘルニアは腰椎部分の椎間板の線維林が裂けて中の髄核が出っ張り神経を圧迫して痛みやシビレ等の症状を起こします。

しかし実際は、レントゲンやMRIなどの画像上に椎間板ヘルニアによる神経の圧迫が見られても、その圧迫が症状の原因になっていることは少なく、骨盤にある仙腸関節や背骨と背骨の椎間関節などの微妙な動きが障害される関節機能異常により筋肉の緊張・体のバランス・血流などに異常をきたし、腰や下肢に痛みやシビレなどの症状が出ていることが非常に多いのです。

 

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法で仙腸関節や椎間関節の動きを正常に戻し機能を回復することで、「腰椎椎間板ヘルニア」と診断された方でも症状の改善が大いに期待できます。

 

その痛み、あきらめないで!その3 ~腰痛・膝痛~③

今回は「AKA療法膝痛」につてお話しします。

膝痛も腰痛と同様にレントゲンやMRIで診断された結果と痛みの原因が違う場合があります。

実際は、関節の機能が障害される「関節機能異常」の状態になってしまい、関節にあるセンサー(受容体)が誤作動を起こし痛みが出ていることが非常に多いのです。

 

膝痛の多くは関節機能異常が原因となっているので、さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法が有効になります。

一般的な膝痛の原因の一つとして、高齢者の変形性膝関節症があります。

変形性膝関節症は膝関節の軟骨がすり減ることで関節が変形してしまい、膝を動かしたときや荷重をかけたときに関節面の骨同士が当たってしまい痛みが出るとされています。

もしも変形が痛みの原因となっているとすると、今現在の医学では関節を元の状態に戻すことは出来ないので症状は改善されないということになります。

しかし実際は関節機能異常が原因になっていることが多いので、AKA療法により膝関節や骨盤の仙腸関節を調整することで、多くの膝関節の痛みや屈曲制限などの機能が改善されます。

しゃがんだり正座が出来なくなった方が再び出来るようになるケースも少なくありません。

 

その痛み、あきらめないで!その2 ~腰痛・膝痛~②

今回は「AKA療法と腰痛」についてお話します。

 

前回のブログで痛みの原因は関節にあることが非常に多いとご紹介しました。

腰痛の85%は原因が特定できない非特異性の腰痛とされていますが、その多くは関節の正常な動きが障害された「関節機能異常」の状態になることで関節にあるセンサー(受容体)が誤作動を起こし筋肉の緊張のバランスが崩れたりすることで、痛みやシビレ等、様々な症状が出てしまっています。

 

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法は、関節の微妙な動きを改善し関節を正しい位置に戻すことによって関節の機能を改善し、腰痛や下肢の痛みやシビレ等の症状を改善していきます。

特に骨盤にある仙腸関節に原因になっていることが多く、仙腸関節を調整することで多くの症状が改善されます。

例えば、腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症と診断された方も関節機能異常が原因で症状が出ている場合も少なくないので、AKA療法により仙腸関節などを調整することで大きな効果が期待できます。

 

 

 

その痛み、あきらめないで!その1 ~腰痛・膝痛~①

今や国民病と呼ばれている腰痛膝痛、その痛みをあきらめていませんか?

腰痛の約85%は原因が特定できない非特異性の腰痛のため、整形外科などの医療機関を受診されても改善が難しい場合が多いのです。

 

例えばれレントゲンやMRIなどで椎間板ヘルニアなどの画像上の異常所見があっても腰痛が出ない人がいますし、逆に腰痛があっても画像所見は正常な場合があります。

レントゲンやMRIで診断された結果と痛みの原因が違う場合があるなんて、少し驚きですよね?

実は痛みの原因はレントゲンやMRIなどの画像では特定できない関節の機能異常(主に骨盤の中にある仙腸関節)にあることが非常に多いのです。

関節機能異常とは、簡単に説明すると「関節の噛み合わせが悪くなっている状態」です。

 

このような関節機能異常が原因となっている腰痛や膝痛などに有効とされる施術方法としてさいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法があります。

特に腰痛の多くは骨盤に原因があり、その場合、骨盤にある仙腸関節をミリ単位で調整することにより関節の機能を回復することで症状が緩和されます。

同様にAKA療法により関節の機能を改善することで、膝痛をはじめ、下肢の痛みや痺れ、股関節痛首の痛み肩の痛み等の多くの症状が改善されます。

せきぐち接骨院ホームページ