さいたま市見沼区せきぐち接骨院のブログ/交通事故治療、むち打ち症、AKA療法による腰痛の治療,休日(日曜祝日)対応。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち関口接骨院のブログ
さいたま市見沼区せきぐち接骨院ブログ

その痛み、あきらめないで!その8 ~変形性股関節症~

変形性股関節症は女性に多く見られ、原因の約8割は先天性股関節脱臼や股関節の形成不全などの子供の頃の病気や発育障害の後遺症と言われています。

また、明らかな原因が無くても年齢とともに変形性股関節症を発症することもあります。

一般的に行われている主な治療法は、痛み止めの服用・運動療法・体重のコントロールなどの保存療法、骨切り術・人工関節置換術などの手術療法(観血的治療法)があります。

一般的な保存療法では思ったような効果が得られないことが多く、進行期・末期の股関節症については手術療法が適応とされてきました。

しかし、必ずしも股関節自体に痛みの原因があるのではなく、特に初期の変形性股関節症の痛みは多くが骨盤にある仙腸関節の関節機能異常が原因となっています。

仙腸関節の関節機能異常が原因となっている股関節痛は、AKA療法により仙腸関節の機能を改善することで軽減・消失します。

また、従来手術療法が適応とされてきた進行期・末期の変形性股関節症に対しても、AKA療法により仙腸関節の機能を改善することで症状が軽減・消失することが期待でき、痛みのストレスなしで日常生活を送れるようになることも少なくありません。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法で主に骨盤にある仙腸関節を調整することで、変形性股関節症と診断された方の多くの症状が改善されます。

その痛み、あきらめないで!その7 ~腰部脊柱管狭窄症~②

主に中年以降に発症する腰部脊柱管狭窄症は、背骨・椎間板・靱帯の変形や肥厚によって脊髄などの神経を圧迫して起こる疾患です。

主な症状は、下肢の痛みやシビレ感、歩くと下肢の痛みやシビレが強くなり歩いては休みを繰り返す間欠性跛行、排尿障害などです。

しかし、無症状の40歳以上の成人の3~4割程度にレントゲンやMRI などの画像上に脊柱管の狭窄が認められ、逆に画像上に異常が認められなくても間欠性跛行などの腰部脊柱管狭窄症と同じ症状が現れることもあります。

ここで腰痛の約85%が原因がわからない非特異性の腰痛という事実があります。

実際に私が整形外科に勤務していた時に多くの腰痛患者の症状とレントゲンの画像を見比べてみましたが、ほとんど相関性は無かったように思います。

画像上の異常所見と症状に相関性が無い事が非常に多いために、手術を行って脊柱管の狭窄が改善されても症状は改善されないというケースが多くみられます。

実際の原因は、骨盤にある仙腸関節や背骨同士の椎間関節の微妙な動きが障害された関節機能異常のことが非常に多く、それらの関節が関節機能異常を起こすことで筋肉の緊張や体のバランスなどに異常をきたし腰や下肢に痛みやシビレ等の症状が出ているのです。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法で骨盤にある仙腸関節や背骨同士の椎間関節を調整することで、腰部脊柱管狭窄症と診断された方の多くの症状が改善されます。

その痛み、あきらめないで!その6 ~腰部脊柱管狭窄症~①

脊柱管は背骨の後ろにある脊髄神経などが通るトンネルで、特に加齢に伴い背骨の変形・椎間板の膨らみ・靱帯の肥厚などによって狭くなり、腰椎の後方で脊髄などの神経組織が圧迫されて腰部脊柱管狭窄症が発生します。

 

腰部脊柱管狭窄症の主な症状は、腰痛・両下肢の痛みやシビレ・排尿障害・長く歩けず歩いては休んでを繰り返す間欠性跛行などです。

しかし、脊柱管の狭窄があるからといって必ずしも症状が出るとは限らず、逆に脊柱管の狭窄が無くても間欠性跛行などの症状が出ることもあります。

実際、無症状の40歳以上の成人の3~4割程度に脊柱管の狭窄が認められます。

という事は、脊柱管の狭窄が必ずしも症状の原因になっているとは限らないという事になります。

実は、症状の原因の多くは背骨や骨盤の関節の微妙な動きが障害された関節機能異常の状態になってしまい、それが原因で関節にある受容体というセンサーが刺激されて筋肉の緊張・体のバランス・血流などに異常をきたし症状が出ていることが多いのです。

 

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法で骨盤にある仙腸関節や背骨同士の椎間関節を調整することで、腰部脊柱管狭窄症と診断された方の多くの症状が改善されます。

 

 

 

 

その痛み、あきらめないで!その5 ~変形性膝関節症~

変形性膝関節症は、膝の関節面を被っている軟骨の老化、骨折・靱帯・半月板損傷などの外傷や化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症します。

特に加齢によるものが多く、関節軟骨が加齢とともに弾力性を失い使い過ぎによりすり減り関節が変形します。

膝も腰と同様に、レントゲンやMRIの画像をもとに診断された結果と痛みの原因が違う場合があります。

実は、変形性膝関節症の膝痛の多くは関節の変形が原因ではなく、関節の微妙な動きが障害された関節機能異常の状態になってしまい、それが原因で関節にある受容体というセンサーが刺激されて痛みが出ています。

もし、変形が痛みの原因になっているとすると、すり減って変形してしまった関節は変形する前の状態に戻ることはありませんので、症状が改善することはないということになってしまいます。

しかし、実際は関節機能異常が原因のことが多いので、さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法で膝関節や骨盤にある仙腸関節を調整することで、多くの膝関節の痛みや機能が改善されます。

膝関節にたまった水(関節水腫)が吸収されて腫れが退いたり、しゃがんだり正座したりが出来なくなってしまった方が再び出来るようになることもあります。

せきぐち接骨院ホームページ