さいたま市見沼区せきぐち接骨院のブログ/交通事故治療、むち打ち症、AKA療法による腰痛の治療,休日(日曜祝日)対応。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち関口接骨院のブログ
さいたま市見沼区せきぐち接骨院ブログ

その痛み、あきらめないで!その18 ~坐骨神経痛~②

坐骨神経痛は坐骨神経が障害を受けることによって生じる神経痛の総称で、腰・殿部・大腿後面・下腿・足部にかけて走る坐骨神経の走行に沿って痛みやシビレが出る症状を言います。

主な原因として、腰部脊柱管狭窄症腰椎椎間板ヘルニア・腰椎分離症・腰椎すべり症・変形性腰椎症などがあります。

しかし、これらの病変が原因で坐骨神経痛になるのかというと、必ずしもそうではありません。

坐骨神経痛になってしまいレントゲンやMRI などの画像検査を行っても、画像上異常がなく原因がわからない場合が多くみられます。

逆に画像上に異常が見られても無症状の場合も少なくありません。

坐骨神経痛などの腰・下肢痛の85%は画像検査の結果と症状が一致せず原因が特定できない非特異性の腰痛なので、今まで坐骨神経痛の原因とされていた病変以外に原因が多くあるということになります。

実際は骨盤にある仙腸関節や背骨同士の椎間関節の微妙な動きが障害された関節機能異常が原因で筋肉の緊張や感覚・バランスなどに異常をきたし坐骨神経痛の症状が出ていることが非常に多いのです。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法で主に骨盤にある仙腸関節を調整し関節機能異常を回復することで、坐骨神経痛と診断された方の多くの症状が改善されます。

その痛み、あきらめないで!その17 ~変形性股関節症~②

股関節周辺の痛みの原因は、骨・関節に変化のある変形性股関節症や大腿骨頭壊死などと、骨・関節に変化のない腱炎・滑液包炎などがあります。

骨・関節に変化のあるものは変形性股関節症が大多数を占め、その原因は約8割が先天性股関節脱臼や股関節の形成不全といった子供の時の病気や発育障害の後遺症と言われ、加齢とともに発症が多くなります。

変形性股関節症は、一般的な保存療法では効果が思ったように得られないことが多く、進行期・末期の症状には手術療法が適応とされています。

しかし、レントゲンやMRIなどの画像検査で変形性股関節症と診断された場合でも、痛みなどの症状の原因が股関節自体にない場合もあります。

変形が軽度~中度の場合、骨盤にある仙腸関節の関節機能異常が症状の原因となっている場合が多くみられ、その機能を回復することで痛みが軽減・消失することがほとんどです。

また、従来手術療法が適応とされてきた進行期・末期の症状に対しても、関節の機能を回復することで痛みのコントロールが可能の場合もあり、日常生活動作が改善されることが期待できます。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法で主に骨盤にある仙腸関節を調整することで関節の機能を回復し、変形性股関節症と診断された方の多くの症状が改善されます。

その痛み、あきらめないで!その16 ~腰部脊柱管狭窄症~③

腰部脊柱管狭窄症は、脊髄の通り道である脊柱管が主に加齢に伴う背骨(脊椎)・椎間板・靱帯の変形や肥厚によって狭くなり、脊髄などの神経が圧迫されて発症します。

主な症状は、腰痛、下肢の痛みやシビレ・筋力の低下、排尿・排便が上手く出来なくなる直腸膀胱障害、少し歩いては痛みやシビレのために立ち止まり症状が治まってまた歩くということを繰り返す間欠性跛行などです。

ここで、腰下肢痛の85%が原因を特定できない非特異性の腰痛であるという事実があります。

40歳以上の無症状の成人にレントゲンやMRIなどの画像検査を行うと、実に3~4割程度の割合で脊柱管の狭窄が認められます。

逆に、画像検査で脊柱管の狭窄が認められない場合でも、間欠性跛行など腰部脊柱管狭窄症と同じ症状が出ることもあります。

ということは、画像検査の結果と症状が必ずしも一致せず相関性があまり見られないということになります。

そのために、腰部脊柱管狭窄症と診断され手術を行い狭窄が改善されたにもかかわらず症状が改善されないということが起こるのです。

実際の原因は、骨盤にある仙腸関節や背骨同士の椎間関節の微妙な動きが障害された関節機能異常のことが非常に多く、それらの関節が関節機能異常を起こすことで筋肉の緊張や体のバランスなどに異常をきたし腰や下肢に痛みやシビレ等の症状が出ているのです。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法で骨盤にある仙腸関節や背骨同士の椎間関節を調整することで、腰部脊柱管狭窄症と診断された方の多くの症状が改善されます。

その痛み、あきらめないで!その15 ~テニス肘(上腕骨外側上顆炎)~

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)はスポーツや作業により手首を背屈させる前腕部の伸筋群に過度な負担がかかることが原因で発症し、肘の外側にある伸筋やその付着部に炎症・機能障害が起こる疾患で、重たい物を持つと肘の外側に痛みが走ったり痛みでペットボトルのフタが開けられなくなったり雑巾を絞れなくなったりします。

特にテニスプレーヤーのスポーツ障害として多く見られます。

治療法は安静固定・手首や指のストレッチ・テニス肘用のバンドの装着・局所麻酔薬やステロイドの注射等が挙げられますが、治療に対して反応が得られず難治性になることも少なくありません。

それは、テニス肘がただ単に使い過ぎによる負荷により症状が出ているのではなく、首肩周りや手首・骨盤などの関節が引っ掛かった状態になり機能が障害を受けた状態の関節機能異常になることで、上肢(特に前腕伸筋)の筋肉の緊張が強くなり患部により負荷がかかり続けてしまうことが大きく影響しているからです。

ですから、肘周りの治療だけではなく関連している関節の機能が改善されないと難治性になってしまうのです。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法で主に背骨同士の椎間関節、背骨と肋骨の肋椎関節、手関節、骨盤にある仙腸関節を調整することで、テニス肘のの多くの症状が改善されます。

せきぐち接骨院ホームページ