さいたま市見沼区せきぐち(関口)接骨院。交通事故治療、むち打ち症、AKA療法/腰痛治療、休日(日曜祝日)対応。

両膝痛(変形性関節症)

患者さん・・・埼玉県さいたま市見沼区 男性 70代

主な症状は両膝痛で両膝に変形性関節症の既往があり、長時間の歩行が不可能な状態。

左膝は歩行時痛が強く、屈伸時にコキコキと引っ掛かるクリックを起こし、体重を乗せたときにガクッと膝から崩れてしまう状態。

右膝は左膝よりは痛みが弱いが歩行時痛があり、曲げたときに痛みが出て、完全には曲げきれない状態。

患者さん自身、変形性膝関節症の症状がなかなか良くならず思わしくないために、両膝に人工膝関節置換術の手術を受けなければ駄目なのか?と不安だということです。

患者さんの奥さんが、せきぐち接骨院でAKA療法の施術を受けて両膝の変形性膝関節症の症状が大きく改善したので、紹介でご来院。

最初の一ヶ月間は週一回のAKA療法の施術を行い、その後は二週間に一度のAKA療法の施術を行いながら自宅でのリハビリテーショントレーニング(クォーター・スクワット、カーフレイズ、片足立ち運動)とせきぐち接骨院での施術の際に大腿四頭筋のEMS(Electrical Muscle Stimulationの略。主に低周波で筋肉に電気刺激を与えることによって動かし、強制的に筋肉を収縮させて鍛えるエクササイズ機器)によるトレーニングを併用。

約半年の施術で右膝の痛みがほぼ消失し、左膝の歩行時痛・屈伸時のクリックも大幅に改善。左膝に体重がかけれるようになり、「膝くずれ」の回数も大幅に減少。

変形性関節症の既往がある患者さんの多くは、患側(悪い方)の大腿四頭筋(特に内側広筋)が委縮しているケースが多くみられます。

そうなると、膝関節の安定性が保てずに膝くずれを起こしたり痛みが誘発されやすくなってしまいます。

変形性膝関節症の症状には、AKA療法と大腿四頭筋の筋力トレーニング・EMSの併用で、痛みの緩和・膝関節の安定性に大きな効果が期待されます。

 

アクセス

所在地 埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103
電話番号 048-688-3351
駐車場 接骨院前に2台(無料)。
予約 AKA療法は予約制になります。 時間外・休日の診療をご希望の方は、お問い合わせの上、ご来院下さい。
休診日 第3日曜日
  さいたま市見沼区のせきぐち接骨院は日曜・祝日も施術しています。時間外は23時まで対応可能。埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103

せきぐち接骨院トップページ