さいたま市見沼区せきぐち(関口)接骨院。交通事故治療、むち打ち症、AKA療法/腰痛治療、休日(日曜祝日)対応。

坐骨神経痛

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)は、殿部~大腿後面・下腿・足部にかけて走る坐骨神経の走行に沿って痛みやシビレが出る「症状」のことで、病名ではありません。坐骨神経が圧迫などの障害を受けることで生じる「神経痛」の総称になります。

せきぐち接骨院の坐骨神経痛の考え方

坐骨神経痛は、坐骨神経が障害を受けて生じる神経痛の総称ですが、主な原因として腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症・梨状筋症候群などが挙げられます。

しかし、これらの病変が神経に障害を与えているかというと必ずしもそうではありません。神経の支配領域は決まっていて、神経が障害された場合その支配領域に痛みやシビレ・麻痺などの症状が出て神経自体が痛むということはないはずです。坐骨神経に沿って症状が出るのではなく、末梢で症状が出なければおかしいのです。

実際、レントゲンやMRIなどの画像上で障害を受けた神経の支配領域と一致した痛みやシビレはほとんど見られません

では、坐骨神経痛の原因はどこにあるのかというと、主に骨盤の中にある仙腸関節や背骨同士の椎間関節が引っかかった状態になった「関節機能異常」が原因になっていることが非常に多いのです。関節機能異常を起こすことで、筋肉の緊張や体のバランスなどに異常をきたし坐骨神経痛を起こしているのです。

坐骨神経痛の主な原因になっている関節機能異常は、関節包内運動に障害が生じた状態なので、関節運動学に基づく関節包内運動の修正が必要となります。それには、せきぐち接骨院で行っているAKA療法が最も効果的な治療法の一つとなります。

坐骨神経痛の一般論

人体の中で最も太い神経である坐骨神経は、腰殿部から大腿部の後面を通り、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分岐して足先までつながっていますが、その走行に沿って痛みやシビレが出る神経痛の総称を「坐骨神経痛」といいます。

坐骨神経痛は、腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症・腰椎分離症・腰椎すべり症などの病変による神経の圧迫や殿部の筋肉によって坐骨神経が圧迫される梨状筋症候群などが主な原因になっています。

治療法は、ブロック注射・薬の内服・リハビリテーション・物理療法などで、症状が強い場合には手術を行う場合もあります。

坐骨神経痛の治療なら見沼区のせきぐち接骨院へ

電気治療などの一般的な物理療法や、飲み薬などの薬物療法、ブロック注射などの治療でなかなか症状が改善されない場合は主に仙腸関節の関節機能異常が原因となっている可能性が大きいと考えられます。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院では、関節機能異常を矯正するAKA療法による施術により、坐骨神経痛と診断された殿部・下肢部の痛みやシビレなどの症状を改善致しますので、お気軽にお問い合わせください。

さいたま市見沼区のせきぐち接骨院は日曜・祝日も施術しています。時間外は23時まで対応可能。埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103

せきぐち接骨院トップページ