さいたま市見沼区せきぐち(関口)接骨院。交通事故治療、むち打ち症、AKA療法/腰痛治療、休日(日曜祝日)対応。

変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)

股関節痛の原因で特に中高年の女性に多くみられるのが変形性股関節症です。

変形性股関節症は、股関節への血液の循環不全や股関節の使い過ぎや荷重によって軟骨に変性が起こり関節が変形して起こります。

原因の約8割は先天性股関節脱臼や股関節の形成不全といった子供の時の病気や発育障害の後遺症といわれています。また、明らかな原因が無くても年齢とともに股関節症を発症することもあります。

 

せきぐち接骨院での変形性股関節症の治療

変形性股関節症の方は、ほとんどの場合、整形外科でレントゲンを撮り「股関節の軟骨が擦り減り変形して痛みが出ている」と説明されます。

これは整形外科的には常識的な考え方で、レントゲン画像を見ると変形が明らかなので、ほとんどの方はこの説明に納得されます。

しかし、変形性股関節症の痛みや運動制限は必ずしも変形の度合いと一致しません

変形性股関節症の痛みの大部分は股関節の変形が直接の原因ではなく、骨盤にある仙腸関節の機能異常が原因になっています

ですので、変形性股関節症と診断された股関節痛はAKA療法で仙腸関節の機能を改善させるとほとんどが軽減・消失します

AKA療法を行い股関節の痛みが軽減・消失した後にレントゲンを撮ってみると、股関節の変形はそのままで変化がありません。

このことで、股関節の痛みは軟骨が擦り減って変形していることが直接的な原因になっていないということが分かります。

また、いままで手術療法が行われてきた進行期・末期の変形性股関節症についても、AKA療法で仙腸関節の機能を改善することで、痛みが少ない状態に抑えることが可能なことが多く、手術をすることなく日常生活を送れることも少なくありません。

私が治療現場で経験した中では、AKA療法は変形性股関節症の痛みに対する保存療法(手術を行わない療法)の中では最良の治療法だと言えます。

 

変形性股関節症の治療期間

ほとんど股関節に変形がみられないような初期の変形性股関節症に対しては、数回~3ヶ月程度の治療で痛みが消失することがほとんどです。

軽度~中等度の変形性股関節症に対しては、1~3週間に1度程度行うAKA療法により強い痛みを抑えることで、股関節の変形の進行を抑え、手術療法を行うことなく日常生活送れるようになることを目指します。

進行期~末期の変形性股関節症に対しても、ある程度痛みを抑えることが可能なこともあり、手術療法を行わずに済むこともあります。

 

変形性股関節症の治療なら見沼区のせきぐち接骨院へ

電気治療などの一般的な物理療法や、飲み薬などの薬物療法などの治療でなかなか症状が改善されない股関節痛は、主に仙腸関節関節機能異常が、変形性股関節症の痛みの原因となっている可能性が大きいと考えられます。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院では、関節機能異常を矯正するAKA療法による施術により、変形性股関節症の歩行時痛・運動時痛・関節可動域制限などの症状を改善致しますので、お気軽にお問い合わせください。

 

アクセス

所在地 埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103
電話番号 048-688-3351
駐車場 接骨院前に2台(無料)。
予約 AKA療法は予約制になります。 時間外・休日の診療をご希望の方は、お問い合わせの上、ご来院下さい。
休診日 第3日曜日
  さいたま市見沼区のせきぐち接骨院は日曜・祝日も施術しています。時間外は23時まで対応可能。埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103

せきぐち接骨院トップページ