さいたま市見沼区せきぐち(関口)接骨院。交通事故治療、むち打ち症、AKA療法/腰痛治療、休日(日曜祝日)対応。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

脊柱管は背骨の後方にある脊髄神経などが通るトンネルで、特に加齢に伴い背骨の変形・椎間板の膨隆・靱帯の肥厚などにより脊柱管が狭くなり神経が圧迫を受けて腰部脊柱管狭窄症が発症します

せきぐち接骨院の脊柱管狭窄症の考え方

腰部脊柱管狭窄症の主な症状は、殿部~下肢の痛みやシビレ感、排尿・排便障害(直腸膀胱障害)、長く歩けずに歩いては休んでを繰り返す間欠性跛行などです。しかし、脊柱管の狭窄があるからといって必ずしも症状が出るとは限らず、逆に異常は認められなくても間欠性跛行などの同じような症状が出ることもあります

※排尿・排便障害(直腸膀胱障害)がある場合は早急に手術が必要になる場合がありますので、専門医をご紹介いたします。

実際、無症状の40歳以上の成人の3~4割程度に脊柱管の狭窄が認められます。このことは、脊柱管の狭窄が症状の原因になっているとは限らないことを示しています。

腰部脊柱管狭窄症と診断された症状の原因の多くは、実は骨盤の中にある仙腸関節や背骨同士の椎間関節が引っ掛かった状態(関節機能異常)になってしまうことで、腰部・殿部・下肢などの筋肉の緊張のバランスなどが崩れたりした結果、両下肢の痛みやシビレ感、間欠性跛行などの原因になっていることが非常に多いのです。

私の臨床経験上、約7~8割程度が関節機能異常が原因となっていて、残りの1割程度が心理的ストレスが主な原因になっていると思われます。つまり、腰部脊柱管狭窄と診断された症状の大部分は関節機能異常が原因と考えられます。

腰部脊柱管狭窄症の症状の主な原因になっている関節機能異常は、関節包内運動に障害が生じた状態なので、関節運動学に基づく関節包内運動の修正が必要となります。それには、せきぐち接骨院で行っているAKA療法が最も効果的な治療法の一つとなります。

腰部脊柱管狭窄症の一般論

腰部脊柱管狭窄症は、背骨・椎間板・靱帯などで囲まれた脊髄などの神経が通るトンネル状の脊柱管が、特に加齢に伴い背骨の変形・椎間板の膨隆・靱帯の肥厚などにより狭くなり神経が圧迫を受けては発症します。

主な症状は、歩行時や立位での殿部~下肢にかけての痛みやシビレ、間欠性跛行、排尿・排便障害(直腸膀胱障害)などです。腰痛はあまり強くないケースが多く見られます。

治療法は物理療法・運動療法・ストレッチ・コルセットの着用・神経ブロック・薬物療法などがあります。

リハビリテーション、コルセット、神経ブロックや脊髄の神経の血行を良くする薬などがあります。歩行障害などの症状が悪化して日常生活に支障が出る場合や排尿・排便障害(直腸膀胱障害)がある場合は、手術を行うこともあります。

腰部脊柱管狭窄症の治療なら見沼区のせきぐち接骨院へ

電気治療などの一般的な物理療法や、飲み薬などの薬物療法、ブロック注射などの治療でなかなか症状が改善されない場合は主に仙腸関節の関節機能異常が原因となっている可能性が大きいと考えられます。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院では、関節機能異常を矯正するAKA療法による施術により、腰部脊柱管狭窄症と診断された殿部~下肢の痛みやシビレ感、間欠性跛行などの症状を改善致しますので、お気軽にお問い合わせください。

さいたま市見沼区のせきぐち接骨院は日曜・祝日も施術しています。時間外は23時まで対応可能。埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103

せきぐち接骨院トップページ