さいたま市見沼区せきぐち(関口)接骨院。交通事故治療、むち打ち症、AKA療法/腰痛治療、休日(日曜祝日)対応。

エコー画像観察装置(超音波画像観察装置)
エコー画像観察装置による検査を実施し
より的確な施術を行います!

せきぐち接骨院では一般施術における画像検査機器として「エコー画像観察装置(超音波画像観察装置)」を備えており、負傷・損傷部位の画像を確認することにより、より的確な施術を行うことが可能となっております (超音波画像は胎児の画像診断などでお馴染みではないでしょうか)。

超音波画像観察装置は、骨、靭帯、筋肉、腱などの状態を観察できる検査装置で、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)などの組織の損傷、膝関節や足関節などの関節水腫なども確認が可能です。

左足根骨骨折のエコー画像

左足根骨骨折のエコー画像。左側が健側、右側が患側の左足根骨。患側は骨の不連続面が確認できます。

エコー画像観察装置の特徴

〇レントゲンと違い放射線を浴びることはなく、何度検査しても体に害はありません

レントゲンには写らない筋肉、腱、靭帯、軟骨、神経などの状態が観察できます

〇現在の状態をリアルタイムで観察できます。

〇画像の解像度はMRIより高解像度となっています。

〇装置の一部を体に当てるだけで、体への負担が小さく手軽に検査できます。

エコー画像観察装置の画像

超音波画像観察装置

エコー検査はリアルタイムで患部の画像を見る事が出来ます。

肘関節のエコー画面

肘関節のエコー画面。骨だけではなく、筋・靱帯などの軟部組織も映し出されます。

 

 

この超音波画像観察装置により施術を行うにあたり、患部の状態を画像として客観的に把握し、より適切な施術を行うとともに、患者さんへの説明を より分かりやすく行ってまいります。

骨折、脱臼等は、適切な施術により整復し、正常な状態に戻すことが重要です。 また、筋肉・腱・関節等の怪我は、再発しやすいため適切な施術が必要です。

後遺症を残さないようにするため、痛みを感じたら自己診断に頼らず、超音波画像観察装置により患部の状態を確認し適切な処置をお受け下さい。

さいたま市見沼区のせきぐち接骨院は日曜・祝日も施術しています。時間外は23時まで対応可能。埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103

せきぐち接骨院トップページ