さいたま市見沼区せきぐち(関口)接骨院。交通事故治療、むち打ち症、AKA療法/腰痛治療、休日(日曜祝日)対応。

ぎっくり腰(急性腰痛)

「ぎっくり腰」は傷病名ではなく急激に起こった腰痛の通称で、急に腰を捻る動作をしたり重たいものを持ち上げたりしたときに起こることもあれば、朝起きたときやちょっとした動作で起こることもあります。

場合によっては、時間の経過とともに次第に痛みが強くなったり、激痛で腰が伸びなくなってしまったり、寝返りをうつたびに「ウッ!」と悲鳴が出るようなこともあります

二度と立てなくなるのではないかと不安に駆られる方もいらっしゃいます。

せきぐち接骨院のぎっくり腰の考え方

ぎっくり腰の多くは、中腰や前屈みになった姿勢で腰を捻ったりしたときに急激に「ズキッ!」と痛みが走り、骨盤にある仙腸関節がズレた状態で引っかかってしまい関節機能異常を起こし発症します。また。背骨同士の椎間関節が引っかかり起こる場合もあります

ぎっくり腰の主な原因になっている仙腸関節や椎間関節の機能異常は、関節包内運動に障害が生じた状態なので、関節運動学に基づく修正が必要となります。それには、せきぐち接骨院で行っているAKA療法が最も効果的な治療法の一つとなります。

ぎっくり腰を起こし関節が引っかかっているだけで炎症が起きていない場合は、AKA療法により即座に症状が緩解します。腰を曲げてやっと歩いている状態で来院された患者さんが、施術後はそれまでの痛みが嘘のように普通にスタスタ歩いて帰って行くこともしばしばです。

ぎっくり腰を起こし機能異常を起こしてしまった関節が炎症を起こしてしまっている場合はAKA療法による施術で1~3週間程度の期間でほとんどの場合が治っていきます。

ぎっくり腰の予防

予防としては、腰が前かがみの状態にならないことが重要です。

ぎっくり腰を数回繰り返していると、またぎっくり腰になるんじゃないかという予兆・予感がすることがあります。

そういう時は、腰を前かがみにしたときに不意に動いたり・急激な動作を避けましょう。

例えば床の物を取ろうとする場合、腰を曲げて取るのではなく膝からしゃがみ込んで腰を起こした状態で持ち上げたりするのが1つの予防です。

 

ぎっくり腰の一般論

ぎっくり腰は急激に発症した腰痛の通称で、何かを持ち上げようとしたり腰を捻ったりしたときに起こることが多く、また、ちょっとした動作や咳・クシャミなどで瞬間的に腰に力が入ったときなどにも起こります。

痛みとなる原因は様々で、腰部の関節・椎間板・筋肉・筋膜・腱・靱帯などの損傷が考えられます。

ぎっくり腰の治療なら見沼区のせきぐち接骨院へ

ぎっくり腰は仙腸関節や椎間関節の関節機能異常が原因となっていることがほとんどです。関節が炎症を起こしていない場合は、AKA療法によく反応をし急速な回復を見せることも非常に多く見られます。ぎっくり腰になってしまった場合には、関節が炎症を起こす前の状態での来院・施術が早期回復のキーポイントになりますので、発症してしまった場合には様子を見ずに直ぐの来院をお勧めします。

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院では、関節機能異常を矯正するAKA療法による施術により、ぎっくり腰の急激な痛みを改善致しますので、お気軽にお問い合わせください。

さいたま市見沼区のせきぐち接骨院は日曜・祝日も施術しています。時間外は23時まで対応可能。埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103

せきぐち接骨院トップページ