さいたま市見沼区せきぐち(関口)接骨院。むち打ち症等交通事故治療。夜間(夜11時まで)対応。休日(日曜祝日)対応。

交通事故治療
自賠責保険の基礎知識

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は強制保険であり、公道を走る全ての自動車・バイク(含原付)に加入が義務付けられています。

自賠責保険は被害者救済が主目的で、運転者ではなく交通事故被害者の対人賠償のみを
補償します。

保険金の請求は、本来的には保険の契約者である加害者が行うのですが、被害者も自賠責保険に対して請求が可能であり、その場合には、「保険金の請求」ではなく、「損害賠償の請求」ということになります。

治療費の負担

示談をする前であれば、原則、患者様の負担はありません。

保障の範囲

・治療関係費

・文書料

・交通費(公共交通機関、タクシー、駐車料金、ガソリン代など)

・慰謝料

・後遺障害の逸失利益

・休業損害費(自賠責保険基準で1日5,700円~19,000円)

専業主婦でも休業損害の請求は可能です。家事労働をしているのでその労働の対価を観念することができるからです。主婦休損は自賠責基準による場合には、1日5,700円分の請求ができます

など。

慰謝料

交通事故が原因で経済上の問題等が生じることが考えられるため、それを補うため必ず慰謝料が発生します。

主に肉体的・精神的な苦痛に対して損害賠償として慰謝料が支払われますが、交通事故で負ったケガによる入通院の期間・回数にが基準となって支払われる通常の慰謝料と、後遺症が残ってしまい後遺障害と認定された場合に後遺障害等級を基準として後遺障害に対して支払われる慰謝料があります。

自賠責保険では保証金額は120万円が上限となっていて、障害慰謝料は一日当たり4,200円となっています。

自賠責保険の基準では、実際に入通院した「実入通院日数を2倍した日数と、治療を開始した日から治療を終了した日(症状固定を含む)までの「治療期間の日数とを比べ、少ない方に4,200円をかけて算出します。

<慰謝料の計算例1>

3月1日に交通事故に遭ってしまい、3月1日から病院・接骨院に通院をはじめ、3月31日に治癒し通院を終了するまで10日間通院した場合。

治療期間・・・3月1日~3月31日までの31日間

実入通院日数・・・10日

計算は

10(実入通院日数)×2=20と31(治療期間の日数)を比べると20の方が小さいので

10(実入通院日数)×2×4,200円=84,000円

となります。

<慰謝料の計算例2>

上記の具体例1の治療期間で20日間通院をした場合。

治療期間・・・3月1日~3月31日までの31日間

実入通院日数・・・20日

計算は

20(実入通院日数)×2=40と31(治療期間の日数)を比べると31の方が小さいので

31(治療期間の日数)×4,200円=130,200円

となります。

自賠責基準以外の算定基準

一般的には自賠責基準により慰謝料の算定が行われますが、他に任意保険会社ごとに定めている「任意保険会社基準」(自賠責基準のような法的な拘束はなく、あくまで任意保険会社の社内基準)と裁判をした場合に見込まれる金額による支払基準である「裁判基準(弁護士基準)」があります。

最も高額な基準は裁判基準(弁護士基準)になりますが、弁護士の依頼料などの費用が必要となります。弁護士に依頼される場合は、一度、法律相談などで費用などをご相談されることをお勧めします。せきぐち接骨院からは、弁護士法人 心弁護士法人 ALG&Associatesをご紹介できます。

また、ご自身の自動車保険やほかの各種保険に「弁護士特約」がついている場合があります。弁護士費用特約では一般的に上限300万円までカバーされますので、弁護士特約を使用して弁護士に依頼されることをお勧めします

 

 

 

アクセス

所在地 埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103
電話番号 048-688-3351
駐車場 接骨院前に2台(無料)。
予約 AKA療法は予約制になります。

時間外・休日の診療をご希望の方は、お問い合わせの上、ご来院下さい。

休診日 第3日曜日


さいたま市見沼区のせきぐち接骨院は日曜・祝日も施術しています。時間外は23時まで対応可能。埼玉県さいたま市見沼区南中野287 ソレイユ南中野103

せきぐち接骨院トップページ