ブログ

肘内障の患者さんが来院

昨日、肘内障の患者さんが来院されました。

患者さん・・・埼玉県さいたま市見沼区 女の子 2歳

部屋で寝転がっていて左腕が巻き込まれて受傷し、左上肢を動かさなくなり痛みを訴えている。受傷現場を母親は見ていなかったが、患者さんのお姉ちゃんが何回か肘内障で当接骨院に来院したことがあり、同じ様な症状だったので肘内障を疑い来院。

左肘、整復操作で整復音触知し、左肘が整復されたことを確認。左前腕部に腫脹・筋緊張残存。本日の来院時、左前腕部に腫脹・筋緊張・疼痛残存。左腕が巻き込まれた時に、左前腕部の筋肉を強く挫傷していたと思われます。

今回のケースのように、肘内障が整復されて治ったと思われても、他の部位を損傷しているケースもあります。他の部位の損傷を見逃さないように、整復した翌日も必ず受診して確認することをお勧めします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ブログ

  1. その痛み、あきらめないで!その25 ~腰痛の原因(レントゲン・MRIの限界)~

  2. その痛み、あきらめないで!その24 ~腰殿部から下肢にかけての痛み・シビレ~②

  3. その痛み、あきらめないで!その23 ~股関節周辺の痛み(股関節痛)~