ブログ

交通事故治療(むち打ち症)の経過。

埼玉県さいたま市見沼区の交通事故治療(むち打ち症)の患者さんですが、受傷後2週間経ちますが、症状が横ばいということです。

むち打ち症の経過としては、例えば受傷から急激に症状が回復して一ヶ月以内で治癒するか、逆に2~3か月経過してもあまり症状の回復が見られないような場合は、半年や一年などと長期間の施術を要する場合が多いく後遺症を残すことも少なくないと説明しました。

今回のケースは現時点で症状の改善があまり見られないので、ある程度の長期間の施術が必要になってくると見込んでいます。

そのような場合でも、出来るだけ後遺症を残さないように、出来るだけ多くの通院されて施術を受けることをお勧めします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ブログ

  1. その痛み、あきらめないで!その25 ~腰痛の原因(レントゲン・MRIの限界)~

  2. その痛み、あきらめないで!その24 ~腰殿部から下肢にかけての痛み・シビレ~②

  3. その痛み、あきらめないで!その23 ~股関節周辺の痛み(股関節痛)~