ブログ

むち打ち症による僧帽筋・胸鎖乳突筋損傷の交通事故治療。

 本日、さいたま市見沼区から交通事故治療の患者さんが来院されました。

 昨日、交差点を車で直進中、右側から来た車と衝突し、左後頚部の僧帽筋をむち打ち損傷しています。

 本日になって左後頚部の疼痛が増加し、さらに前頚部の左胸鎖乳突筋にも腫脹・疼痛があらわれ、運動制限も強く見られます。

 このように、むち打ち損傷では、受傷時よりも数日後~数週間後に痛みのピークが来るケースが多く見られます。交通事故にあってしまい、事故直後はそんなに痛みが強く出ていなくても、その後、徐々に疼痛が強くなるかもしれませんので、少しでも違和感や痛みを感じているのなら整形外科や接骨院(整骨院)に早期の受診をお勧めします。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ブログ

  1. その痛み、あきらめないで!その25 ~腰痛の原因(レントゲン・MRIの限界)~

  2. その痛み、あきらめないで!その24 ~腰殿部から下肢にかけての痛み・シビレ~②

  3. その痛み、あきらめないで!その23 ~股関節周辺の痛み(股関節痛)~