ブログ

肘内障

院長の関口です。

本日、右の腕をだらりと下げて動かさない3歳の子供が来院いしました。

受傷機転はお母さんとカードの取り合いをしていて右腕を捻ったとのこと。

子供の年齢症状からして、まずは肘の亜脱臼(肘内障)を疑います。

さっそく右肘を入れる操作をしました。

すると、まずは右手関節が入る感触がしてその後に右肘が入る感触がしました。

めずらしい事ですが、右手首と右肘の両方が亜脱臼していたみたいです。

子供の肘の亜脱臼は典型的な症状の出方をしますし鑑別も比較的簡単にできます。

しかし今回の様に他のケガも合併していることもしばしばあります。

もし子供の肘が抜けてしまったと思ったらすぐに接骨院か整形外科を受診してください。

意外に他のケガも合併しているかもしれまよ。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ブログ

  1. その痛み、あきらめないで!その25 ~腰痛の原因(レントゲン・MRIの限界)~

  2. その痛み、あきらめないで!その24 ~腰殿部から下肢にかけての痛み・シビレ~②

  3. その痛み、あきらめないで!その23 ~股関節周辺の痛み(股関節痛)~