ブログ

子供は、肘がはずれる事があります。

 12月3日に、さいたま市見沼区から左肘がはずれた子供の患者さんがせきぐち接骨院に来院されました。

 この患者さんは、昨年、右肘がはずれて他の接骨院を受診したのですが肘を入れることが出来なくて、その後、せきぐち接骨院に来院されて肘を入れて無事に治った既往歴があります。

 子供は腕を引っ張ったりすると肘が外れる事があり肘内障と言います。肘内障の実態は、本当に関節がズレて外れているのではなく、肘にある橈骨頭という部分を覆っている橈骨輪状靭帯が逸脱して、回外筋腱と共に関節内に挟まりこんでしまっています。

 患側の肘を固定し前腕を回内外して肘を屈曲することによって、橈骨輪状靭帯が整復されて元の位置に戻ります。

 肘が外れる受傷原因としては、腕を回内位(うち回しの状態)で引っ張られたり、寝返りを打った時に腕が巻き込まれたりして起こることが多いです。他の動作でも肘が外れることがありますので、腕を動かさなかったり腕をかばって泣いているようでしたら、接骨院・整骨院・整形外科・小児科などに早期の受診をお勧めします。

 注意事項としては、小学校に入学する年齢位までは肘内障で肘が外れることがありますので、不意に腕を引っ張たりしない様にしてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ブログ

  1. その痛み、あきらめないで!その25 ~腰痛の原因(レントゲン・MRIの限界)~

  2. その痛み、あきらめないで!その24 ~腰殿部から下肢にかけての痛み・シビレ~②

  3. その痛み、あきらめないで!その23 ~股関節周辺の痛み(股関節痛)~