ブログ

その痛み、あきらめないで!その4 ~腰椎椎間板ヘルニア~

腰痛・下肢の痛みやシビレをなどの症状を引き起こす主な原因の一つとして、「腰椎椎間板ヘルニア」があります。

 

腰の骨は5つの腰椎(背骨)と骨盤からなり、背骨と背骨・背骨と骨盤の間には椎間板というクッションが挟まっています。

椎間板は内・外の二重構造をしていて、外側の繊維輪の中に髄核という粘性の物質が入っています。

背骨の後方にあるトンネル状の脊柱管に脊髄などの神経が通っていますが、腰椎椎間板ヘルニアは腰椎部分の椎間板の線維林が裂けて中の髄核が出っ張り神経を圧迫して痛みやシビレ等の症状を起こします。

しかし実際は、レントゲンやMRIなどの画像上に椎間板ヘルニアによる神経の圧迫が見られても、その圧迫が症状の原因になっていることは少なく、骨盤にある仙腸関節や背骨と背骨の椎間関節などの微妙な動きが障害される関節機能異常により筋肉の緊張・体のバランス・血流などに異常をきたし、腰や下肢に痛みやシビレなどの症状が出ていることが非常に多いのです。

 

さいたま市見沼区南中野のせきぐち接骨院で行っているAKA療法で仙腸関節や椎間関節の動きを正常に戻し機能を回復することで、「腰椎椎間板ヘルニア」と診断された方でも症状の改善が大いに期待できます。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カテゴリー

ブログ

  1. その痛み、あきらめないで!その25 ~腰痛の原因(レントゲン・MRIの限界)~

  2. その痛み、あきらめないで!その24 ~腰殿部から下肢にかけての痛み・シビレ~②

  3. その痛み、あきらめないで!その23 ~股関節周辺の痛み(股関節痛)~